home>カレンダリオ>教会カレンダー

教会カレンダー

A年 聖家族

第1朗読 シラ書 3章2~6、12~14節

第2朗読 コロサイの信徒への手紙 3章12~21節

福音朗読 マタイによる福音書 2章13~15、19~23節

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

キリストの降誕の祭日をもって、教会カレンダーは降誕節に入ります。

クリスマス後の最初の日曜日である今日は、イエスの幼年時代の挿話を聞きながら、家族の意味を考えます。ナザレの聖家族が「福音の学舎」であると呼んだのは、教皇パウロ6世でした。

パウロ家族の創立者アルベリオーネ神父も、「イエスの学舎」と呼び、この学舎に入る条件は、謙遜、清貧、離脱であると言っています。この学舎でイエスは、ヨセフ、マリアから学びながら御父のしるしを現実の中で読み取り、理解し、これを受け入れるために待っていたのです。これはイエスにとってだけでなく、聖家族にとってもそうでした。

今日は、このナザレの小さな家庭、イエス、マリア、ヨセフに目を注ぎ、彼らをほめたたえるだけの祝日ではありません。彼らの家庭に目を注ぎながら、私たちの家庭を顧みるのです。私たちの家庭が神の愛に満たされるよう、祈り、願い、心を新たにすることが大切です。

神の望んでおられる人類の一致と平和をはぐくむのは、家庭という小さな共同体、最も小さな社会からはじまるのではないでしょうか。

パレスチナ、アフガン、イラク、北朝鮮による拉致被害者の家族、南北に分断されている朝鮮半島の家族、世界各地で難民生活を余儀なくされている多くの家族…… など、ここに掲げきれないほどの家族をも 私たちの心に抱きたいものです。聖家族も、イエスの誕生後すぐにエジプトへの避難の旅をよぎなくされました。

心に抱いて祈る、それは大海の一滴の行為かもしれませんが、あきらめることなく、小さな家庭の平和のために祈ることは意義あることです。

* * * * * *

第1朗読は、シラ書 3章2~6、12~16節です。シラ書は、「集会の書」とも呼ばれ、 第二正典に属し、知恵文学のひとつです。この書はヘブライ語で書かれましたが、後にギリシャ語に訳されました。ヘブライ語原文断片が次々と発見されましたが、今も教会はこのギリシャ語を正典としています。

紀元前2世紀頃、ヘレニズム(ギリシャ)文化の影響の波の中で、著者であるベン・シラは、祖先伝来の信仰心が失われるのではないかと心配し、伝統的な信仰にたった生き方を説いたのです。

この書に書かれている内容は、著者の円熟した人生観、明晰な社会観察に基づいた役に立つ教え、知恵の勧めは、現代でも通じるものがあります。

今日の朗読では、親に対する子のあり方を説き、両親、特に年老いた両親に孝養を尽くすようにと教えます。両親の権威は神からのものであり、子はそれに従う義務があると言います。このことは十戒の一つである「あなたの父母を敬え」を思い出させます。

このような考えは、今の時代に薄れているかもしれません。今こそ昔から伝えられている知恵の言葉に耳を傾けたいと思います。

* * * * * *

第2朗読では、コロサイの信徒への手紙が読まれます。
  キリスト者として“新しい人”になった人の生き方、とくに家庭や社会における生き方を説いています。

今日の朗読は、3つの段落に分けられます。(!)12~14節、(2)15~17節は“新しい人”のあり方を全体的にとらえた勧めを、(3)18~21節は、家族を構成するメンバー:妻、夫、子供たちへとそれぞれにメッセージが述べられています。そこでは、家庭における愛の生活が説かれています。

夫と妻、親と子がどのような心構えをもって家庭生活を送ったらいいか、キリスト者として新しくなった身分から、全く新しい人間関係、とくに家庭内での新しい秩序についてのべられています。「すべてを完成させるきずなです」とパウロは言います。

家庭におもいやり、ゆるしあい、大切にしあう心、キリストの平和が満ちあふれますように。

* * * * * *

イエスの幼年時代の家庭生活について語るのは、マタイとルカですが、今年A年は、マタイ福音書が読まれます。

占星術の博士たちが去った後のことを記述する13~23節には3つのエピソードが描かれていますが、今日の朗読ではその中の2つ、1番目と3番目が読まれます。この二つは同じ構成をもって展開されています。

・主の天使が夢でヨセフに現れる → 13節、19節
・起きて、子供とその母親を連れて…… → 13節、20節
・ヨセフは起きて、夜のうちに幼子とその母を連れて…… → 14節、21節
・主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった → 15節、23節

今日読まれる箇所では、ヨセフが神に忠実であることが書かれていますが、今日読まれなかった第2番目の話には、ヘロデが神に従わない行動をしたことが書かれています。

ヨセフの行動は、「主が預言者を通して言われていたことが実現するため」、神の救いの歴史の実現のための行動なのです。

この出来事を理解するためには、15節のホセア書の引用をみる必要があります。マタイはエジプトからイスラエルの地に戻るイエスの姿に“新しいモーセ”を見いだします。著者は、モーセに導かれたイスラエルの民のあの“出エジプト”を思い起こさせながら、イエスによる“新しい出エジプト”を、この出来事にみていたのです。

イスラエルに戻った聖家族が出会ったのは、ヘロデ王の跡をついだアルケラオが支配していたことでした。この事は不安をおこさせますが、神は再び夢でヨセフに語り、彼は神の言葉に従います。神のみ手は幼子イエスの上にあり、イエスを通して神のご計画が実現していきます。ヨセフはこの出来事により、神が導かれる “よろこばしい出来事”に参与していくのです。。

とはいえ、このエジプトへの旅の出来事、これは決して楽なことではなく、むしろ非常に困難な旅であったにもかかわらず、ヨセフの言葉は一言も伝えられていません。このヨセフの沈黙、実に彼は「沈黙の人」なのです。

アルベリオーネ神父は、彼を“救いの忠実な協力者、神のみ旨に温順な者”として御父の温順な道具としてイエスの誕生と幼年期のすべてを取りはからったといいます。また、“苦しむ人と移住者の慰め手”とも呼んでいます。このヨセフにささげられた祈りをご紹介しましょう。

今日の聖家族の祭日に、神の言葉に信頼をおくヨセフとマリア、このヨゼフとマリアのような深い信仰と愛情で、家庭の絆を見つめ直してみましょう。

祈り

いつくしみ深い父よ、
  とうとい秘跡で養われたわたしたちを強めてください。
  いつも聖家族の模範にならい、生活の労苦を乗り越えて、
  ともに永遠の喜びに入ることができますように。
   集会祈願より

▲ページのトップへ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

第1朗読 シラ書 3章2~6、12~14節

主は、子に対する権威を父に授け、
子が母の判断に従う義務を定めておられる。

父を尊べば、お前の罪は償われ、

同じく、母を敬えば、富を蓄える。

父を尊べば、いつの日か、
子供たちがお前を幸せにしてくれる。
主は、必ず祈りを聞き入れてくださる。

父を敬う者は、長寿に恵まれ、
主に従う者は、母を安心させる。

子よ、年老いた父親の面倒を見よ。
生きている間、彼を悲しませてはならない。

たとえ彼の物覚えが鈍くなっても、
思いやりの気持を持て。
自分が活力にあふれているからといって、
彼を軽蔑してはならない。

主は、父親に対するお前の心遣いを忘れず、
罪を取り消し、お前を更に高めてくださる。

▲ページのトップへ

第2朗読 コロサイの信徒への手紙 3章12~21節

あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、
憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。

互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。
主があなたがたを赦してくださったように、
あなたがたも同じようにしなさい。

これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。
愛は、すべてを完成させるきずなです。

また、キリストの平和があなたがたの心を支配するようにしなさい。
この平和にあずからせるために、あなたがたは招かれて一つの体とされたのです。
いつも感謝していなさい。

キリストの言葉があなたがたの内に豊かに宿るようにしなさい。
知恵を尽くして互いに教え、諭し合い、
詩編と賛歌と霊的な歌により、感謝して心から神をほめたたえなさい。

そして、何を話すにせよ、行うにせよ、すべてを主イエスの名によって行い、
イエスによって、父である神に感謝しなさい。

妻たちよ、主を信じる者にふさわしく、夫に仕えなさい。

夫たちよ、妻を愛しなさい。つらく当たってはならない。

子供たち、どんなことについても両親に従いなさい。
それは主に喜ばれることです。

父親たち、子供をいらだたせてはならない。
いじけるといけないからです。

▲ページのトップへ

福音朗読マタイによる福音書 2章13~15、19~23節

占星術の学者たちが帰って行くと、主の天使が夢でヨセフに現れて言った。
「起きて、子供とその母親を連れて、エジプトに逃げ、
わたしが告げるまで、そこにとどまっていなさい。
ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている。」

ヨセフは起きて、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトへ去り、

ヘロデが死ぬまでそこにいた。
それは、「わたしは、エジプトからわたしの子を呼び出した」と、
主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。

ヘロデが死ぬと、主の天使がエジプトにいるヨセフに夢で現れて、

言った。「起きて、子供とその母親を連れ、イスラエルの地に行きなさい。
この子の命をねらっていた者どもは、死んでしまった。」

そこで、ヨセフは起きて、幼子とその母を連れて、イスラエルの地へ帰って来た。

しかし、アルケラオが父ヘロデの跡を継いでユダヤを支配していると聞き、
そこに行くことを恐れた。
ところが、夢でお告げがあったので、ガリラヤ地方に引きこもり、

ナザレという町に行って住んだ。
「彼はナザレの人と呼ばれる」と、
預言者たちを通して言われていたことが実現するためであった。」

▲ページのトップへ