home>カレンダリオ>聖人カレンダー聖人カレンダー365日

聖人カレンダー

4月11日 聖スタニスラオ司教殉教者

1030年ごろ-1079年

 スタニスラオは、ポーランドの保護者である。両親はポーランドの名家の出身だったが、子どもに恵まれず、祈りながら待ち続けて30年後にやっとスタニスラオが授かった。感謝の心から、両親はスタニスラオを聖職者として神にささげることを決め、信仰の面でも愛の行いの面でも立派になるようにと彼を厳しくしつけた。

 彼は両親の期待によくこたえ、学業の面でも信仰の面でも進歩し、貧しい人の世話もよくした。ポーランドの一流大学を卒業後、パリ大学で7年間学び、41歳でクラクフの司教となったが、国王ボレスラフ2世の不品行を戒めたことから、王の反感をかい、ミサをささげているところを、王の部下によって殺害された。











▲ページのトップへ