home>カレンダリオ>聖人カレンダー>聖人カレンダー365日

聖人カレンダー

10月20日 聖シルヴェリオ教皇殉教者

?-537年(在位536年-537年)

 聖シルヴェリオ教皇は、聖ホルミスダス教皇(在位514年~523年)が司祭に叙階される前に、結婚していたときの息子である。聖アガペト1世教皇の死後、シルヴェリオは当時助祭であったが、東ゴート王国、テオダハド王の支持を受け、教皇に選ばれた。

 シルヴェリオは、キリストの人間性を認めない「単性説」を唱えたコンスタンティノープル総主教、アンティモスを退けた。東ローマ帝国の皇后テオドラはアンティモスを支持していたので、彼の復帰を訴えた。しかしシルヴェリオは聞き入れず、正当信仰を擁護した。怒ったテオドラの策略によって、シルヴェリオはヴェントテーネに流され、ヴィジリオが教皇となった。後に、皇帝ユスティアヌス1世によってローマに戻ることになったが、東ローマ帝国の軍司令官ベリサリオスに阻止された。その後教皇位を剥奪されて、パルマローラ島に流され、538年、同地で餓えのために亡くなった。イタリア、ポンツァ島の保護の聖人である。










▲ページのトップへ