home>カレンダリオ>教会カレンダー

教会カレンダー

C年 四旬節 受難の主日

第1朗読 イザヤ書 50章4~7節

第2朗読 フィリピの信徒への手紙 2章6~11節

福音朗読 ルカによる福音書 22章14~23章56節

西暦400年ごろ一人のシスター(修道女)が書いた「エテリアの聖地巡礼記」という記録が、近年になって知られるようになりました。それは、そのころのエルサレムにおける教会の典礼、ことに四旬節、聖週間、復活節の典礼について詳しく伝えています。

現在「受難の主日」とよばれている主日は、「枝の主日」ともよばれていました。エルサレムにおける枝の行列は、受難の主日のミサの後に行われていたと巡礼記はつづっていますが、現在の典礼では、開祭の部で行われます。

イエスのエルサレム入城は決定的な受難の道に入ったことを意味し、この時からイエスの歩みは一直線に十字架に向かいます。

ですから、今日という日は、エルサレム入城にはじまるキリストの受難が、復活の栄光に至る道であることを思い起こす日です。

キリスト者は、オリーブ山の教会に集まり、司教を中心に大人も子どもも手に棕櫚(しゅろ)やオリーブの枝をもって「神の名によって来られた方に賛美」と、詩編や賛美歌を歌いながら行列をし、エルサレムの町に入り、聖墳墓教会(イエスが十字架につけられて死に、埋葬され、復活されたといわれるゴルゴダの丘にある教会)まで行きました。

このエルサレムの枝の行列にならい、教会は毎年、主イエスのエルサレム入城を記念します。そして、この日から教会の典礼の頂点である「聖週間」とよばれる週に入ります。

かつて、この日に使用するオリーブの小枝や棕櫚(しゅろ)の葉(手に入らない場合には、その他の常緑樹の枝)は、信徒が自分で準備して来て、祝福をいただき、それを家にもって帰り、この日を記憶するようにしていましたが、住宅事情などから自分で準備するのが大変なので、現在では教会で準備するようになりました。

* * * * * *

主のエルサレム入城では、「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。いと高きところにホサナ」と、イエスがエルサレムに入った時に、感極まる叫びが人々から上がりました。

しかし、このエルサレム入城は、イエスの受難の序曲でもあったのです。

司祭は枝をもった会衆を祝福し、入城の福音(今年はルカによる福音書)が朗読され、行列(あるいは、入堂)がはじまります。

いよいよ一年の教会カレンダーの頂点「主の過ぎ越しの3日間」が、近づいてきます。

* * * * * *

今日の第1朗読は、有名な「主のしもべ」の第3の歌です。

第2イザヤと呼ばれるイザヤ書の40~55章は、捕囚時代(紀元前6世紀)の預言で、そこには4つの「主のしもべの歌」と呼ばれるものが収められています。今日の朗読は、その中の第3のものです。

「主のしもべの歌」は、聖週間の間に、月曜日に第1の歌、火曜日に第2の歌、水曜日に第3の歌、聖金曜日に第4の歌と朗読されていきます。

神の言葉を受け、それを伝えたために迫害を受けた主のしもべ。この主のしもべはだれのことかについては、イスラエルの民全体の運命を指すとか、または将来現れるメシアの姿としてとらえられてきました。

主の召命を受け、人類の罪を背負って苦難を受けたしもべの姿は、キリストの姿に他ならないと、初代教会から大切に思われてきました。

ですから、福音書記者は、人々は「イエスの顔に唾(つば)を吐きかけ、こぶしで殴り、ある者は平手で打ちながら……」(67節)と、イエスの受けた侮辱を記しているのです。

* * * * * *

第2朗読では、「キリストの賛歌」であるフィリピの信徒への手紙 2章6~11節が読まれます。

このキリストの賛歌は、聖週間の間度々登場します。キリストの卑下と死にいたるまでの従順、それに続く高挙(こうきょ)を歌う点で、受難と復活神秘の神髄を示しているからです。

キリストの地上での生活は、しもべの姿、つまり仕える者、神と人々に奉仕する姿で要約されます。

人々が救い主(メシア)に抱くイメージと、イエスの生涯にはあまりにもギャップがありました。そこにこそ、神の神秘が秘められているという感動が、このキリストの賛歌の根底に流れています。これは、教会の信仰の基調を奏でている賛歌であり、それを使徒聖パウロが記したのです。

* * * * * *

毎年、今日のミサにおいて、主の受難の朗読が行われます。主の受難は、初代教会において重要な意義をもっていました。受難の朗読は、古くから聖金曜日に行われていました。

福音書の中で受難に関する叙述は、キリスト伝の中心的なものです。四福音書のすべてに受難の叙述がありますが、今年は第3周期(C年)にあたるので、ルカによる主イエス・キリストの受難が読まれます。

A年に読んだマタイによる主イエス・キリストの受難(26.14~27.66)、昨年(B年)に読まれたマルコによる主イエス・キリストの受難(15.1~39)と比べながら読んでみると、ルカと他の福音書との違いが浮かび上がってきます。

マタイによる主イエス・キリストの受難では、イエスと弟子たちの結びつきが強調されています。
 マルコ福音書は、受難の出来事を何も飾らずに、起こったとおりに記述しています。
 今年読まれるルカ福音書では、出来事を正確に描写すると同時にイエスの人となりに重点をおいて描いています。

この機会に、主イエス・キリストの受難について四福音書を比べながら読んでみることをお勧めします。

聖書を切り貼りしながら、あるいはノートに書きながら、味わってみてはいかがですか。日ごろ気づかないいろいろの発見があるに違いありません。

祈り

全能永遠の神よ、
  あなたは人類にへりくだりを教えるために、
  救い主が人となり、
  十字架をになうようにお定めになりました。
  わたしたちが、
  主とともに苦しみを耐えることによって、
  復活の喜びをともにすることができますように。
   集会祈願より

▲ページのトップへ

第1朗読 イザヤ書 50章4~7節

主なる神は、弟子としての舌をわたしに与え
疲れた人を励ますように言葉を呼び覚ましてくださる。

朝ごとにわたしの耳を呼び覚まし
弟子として聞き従うようにしてくださる。
主なる神はわたしの耳を開かれた。
わたしは逆らわず、退かなかった。

打とうとする者には背中をまかせ
ひげを抜こうとする者には頬をまかせた。
顔を隠さずに、嘲りと唾を受けた。

主なる神が助けてくださるからわたしはそれを嘲りとは思わない。
わたしは顔を硬い石のようにする。
わたしは知っているわたしが辱められることはない、と。

▲ページのトップへ

第2朗読 フィリピの信徒への手紙 2章6~11節

キリストは、神の身分でありながら、
神と等しい者であることに固執しようとは思わず、
かえって自分を無にして、僕の身分になり、
人間と同じ者になられました。

人間の姿で現れ、
へりくだって、死に至るまで、
それも十字架の死に至るまで従順でした。

このため、神はキリストを高く上げ、
あらゆる名にまさる名をお与えになりました。

こうして、天上のもの、地上のもの、地下のものがすべて、
イエスの御名にひざまずき、
すべての舌が、「イエス・キリストは主である」と公に宣べて、
父である神をたたえるのです。

▲ページのトップへ

福音朗読 ルカによる福音書 22章14~23章56節

さて時間になって、イエスは食卓に着かれ、使徒たちもイエスといっしょに席に着いた。

イエスは言われた。
「わたしは、苦しみを受ける前に、あなたがたといっしょに、この過越の食事をすることをどんなに望んでいたことか。
あなたがたに言いますが、過越が神の国において成就するまでは、わたしはもはや二度と過越の食事をすることはありません。」

そしてイエスは、杯を取り、感謝をささげて後、言われた。
「これを取って、互いに分けて飲みなさい。
あなたがたに言いますが、今から、神の国が来る時までは、わたしはもはや、ぶどうの実で造った物を飲むことはありません。」

それから、パンを取り、感謝をささげてから、裂いて、弟子たちに与えて言われた。
「これは、あなたがたのために与える、わたしのからだです。
わたしを覚えてこれを行ないなさい。」

食事の後、杯も同じようにして言われた。
「この杯は、あなたがたのために流されるわたしの血による新しい契約です。
しかし、見なさい。わたしを裏切る者の手が、わたしとともに食卓にあります。
人の子は、定められたとおりに去って行きます。
しかし、人の子を裏切るような人間はのろわれます。」

そこで弟子たちは、そんなことをしようとしている者は、いったいこの中のだれなのかと、互いに議論をし始めた。
また、彼らの間には、この中でだれが一番偉いだろうかという論議も起こった。

すると、イエスは彼らに言われた。
「異邦人の王たちは人々を支配し、また人々の上に権威を持つ者は守護者と呼ばれています。
だが、あなたがたは、それではいけません。
あなたがたの間で一番偉い人は一番年の若い者のようになりなさい。また、治める人は仕える人のようでありなさい。

食卓に着く人と給仕する者と、どちらが偉いでしょう。
むろん、食卓に着く人でしょう。
しかしわたしは、あなたがたのうちにあって給仕する者のようにしています。
けれども、あなたがたこそ、わたしのさまざまの試練の時にも、わたしについて来てくれた人たちです。

わたしの父がわたしに王権を与えてくださったように、わたしもあなたがたに王権を与えます。
それであなたがたは、わたしの国でわたしの食卓に着いて食事をし、王座に着いて、イスラエルの十二の部族をさばくのです。

シモン、シモン。見なさい。
サタンが、あなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って聞き届けられました。
しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。
だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」

シモンはイエスに言った。
「主よ。ごいっしょになら、牢であろうと、死であろうと、覚悟はできております。」
しかし、イエスは言われた。
「ペテロ。あなたに言いますが、きょう鶏が鳴くまでに、あなたは三度、わたしを知らないと言います。」

それから、弟子たちに言われた。
「わたしがあなたがたを、財布も旅行袋もくつも持たせずに旅に出したとき、何か足りない物がありましたか。」
彼らは言った。
「いいえ。何もありませんでした。」
そこで言われた。
「しかし、今は、財布のある者は財布を持ち、同じく袋を持ち、剣のない者は着物を売って剣を買いなさい。

あなたがたに言いますが、『彼は罪人たちの中に数えられた。』と書いてあるこのことが、わたしに必ず実現するのです。
わたしにかかわることは実現します。」

彼らは言った。
「主よ。このとおり、ここに剣が二振りあります。」
イエスは彼らに、「それで十分。」と言われた。

それからイエスは出て、いつものようにオリーブ山に行かれ、弟子たちも従った。
いつもの場所に着いたとき、イエスは彼らに、「誘惑に陥らないように祈っていなさい。」と言われた。
そしてご自分は、弟子たちから石を投げて届くほどの所に離れて、ひざまずいて、こう祈られた。

「父よ。みこころならば、この杯をわたしから取りのけてください。
しかし、わたしの願いではなく、みこころのとおりにしてください。」
すると、御使いが天からイエスに現われて、イエスを力づけた。

イエスは、苦しみもだえて、いよいよ切に祈られた。
汗が血のしずくのように地に落ちた。

イエスは祈り終わって立ち上がり、弟子たちのところに来て見ると、彼らは悲しみの果てに、眠り込んでしまっていた。
それで、彼らに言われた。
「なぜ、眠っているのか。起きて、誘惑に陥らないように祈っていなさい。」

イエスがまだ話をしておられるとき、群衆がやって来た。
十二弟子のひとりで、ユダという者が、先頭に立っていた。
ユダはイエスに口づけしようとして、みもとに近づいた。
だが、イエスは彼に、「ユダ。口づけで、人の子を裏切ろうとするのか。」と言われた。
イエスの回りにいた者たちは、事の成り行きを見て、「主よ。剣で打ちましょうか。」と言った。

そしてそのうちのある者が、大祭司のしもべに撃ってかかり、その右の耳を切り落とした。
するとイエスは、「やめなさい。それまで。」と言われた。
そして、耳にさわって彼を直してやられた。
そして押しかけて来た祭司長、宮の守衛長、長老たちに言われた。
「まるで強盗にでも向かうように、剣や棒を持ってやって来たのですか。
あなたがたは、わたしが毎日宮でいっしょにいる間は、わたしに手出しもしなかった。
しかし、今はあなたがたの時です。暗やみの力です。」

彼らはイエスを捕え、引いて行って、大祭司の家に連れて来た。
ペテロは、遠く離れてついて行った。
彼らは中庭の真中に火をたいて、みなすわり込んだので、ペテロも中に混じって腰をおろした。
すると、女中が、火あかりの中にペテロのすわっているのを見つけ、まじまじと見て言った。
「この人も、イエスといっしょにいました。」
ところが、ペテロはそれを打ち消して、「いいえ、私はあの人を知りません。」と言った。

しばらくして、ほかの男が彼を見て、「あなたも、彼らの仲間だ。」と言った。
しかし、ペテロは、「いや、違います。」と言った。

それから一時間ほどたつと、また別の男が、「確かにこの人も彼といっしょだった。この人もガリラヤ人だから。」と言い張った。
しかしペテロは、「あなたの言うことは私にはわかりません。」と言った。
それといっしょに、彼がまだ言い終えないうちに、鶏が鳴いた。

主が振り向いてペテロを見つめられた。
ペテロは、「きょう、鶏が鳴くまでに、あなたは、三度わたしを知らないと言う。」と言われた主のおことばを思い出した。
彼は、外に出て、激しく泣いた。

さて、イエスの監視人どもは、イエスをからかい、むちでたたいた。
そして目隠しをして、「言い当ててみろ。今たたいたのはだれか。」と聞いたりした。
また、そのほかさまざまな悪口をイエスに浴びせた。

夜が明けると、民の長老会、それに祭司長、律法学者たちが、集まった。
彼らはイエスを議会に連れ出し、
こう言った。
「あなたがキリストなら、そうだと言いなさい。」
しかしイエスは言われた。
「わたしが言っても、あなたがたは決して信じないでしょうし、
わたしが尋ねても、あなたがたは決して答えないでしょう。
しかし今から後、人の子は、神の大能の右の座に着きます。」

彼らはみなで言った。
「ではあなたは神の子ですか。」
すると、イエスは彼らに「あなたがたの言うとおり、わたしはそれです。」と言われた。
すると彼らは「これでもまだ証人が必要でしょうか。私たち自身が彼の口から直接それを聞いたのだから。」と言った。

そこで、彼らは全員が立ち上がり、イエスをピラトのもとに連れて行った。
そしてイエスについて訴え始めた。
彼らは言った。
「この人はわが国民を惑わし、カイザルに税金を納めることを禁じ、自分は王キリストだと言っていることがわかりました。」

するとピラトはイエスに、「あなたは、ユダヤ人の王ですか。」と尋ねた。
イエスは答えて、「そのとおりです。」と言われた。

ピラトは祭司長たちや群衆に、「この人には何の罪も見つからない。」と言った。
しかし彼らはあくまで言い張って、「この人は、ガリラヤからここまで、ユダヤ全土で教えながら、この民を扇動しているのです。」と言った。
それを聞いたピラトは、この人はガリラヤ人かと尋ねて、
ヘロデの支配下にあるとわかると、イエスをヘロデのところに送った。
ヘロデもそのころエルサレムにいたからである。

ヘロデはイエスを見ると非常に喜んだ。
ずっと前からイエスのことを聞いていたので、イエスに会いたいと思っていたし、イエスの行なう何かの奇蹟を見たいと考えていたからである。
それで、いろいろと質問したが、イエスは彼に何もお答えにならなかった。

祭司長たちと律法学者たちは立って、イエスを激しく訴えていた。
ヘロデは、自分の兵士たちといっしょにイエスを侮辱したり嘲弄したりしたあげく、はでな衣を着せて、ピラトに送り返した。

この日、ヘロデとピラトは仲よくなった。それまでは互いに敵対していたのである。
ピラトは祭司長たちと指導者たちと民衆とを呼び集め、
こう言った。
「あなたがたは、この人を、民衆を惑わす者として、私のところに連れて来たけれども、私があなたがたの前で取り調べたところ、あなたがたが訴えているような罪は別に何も見つかりません。
ヘロデとても同じです。
彼は私たちにこの人を送り返しました。
見なさい。この人は、死罪に当たることは、何一つしていません。
だから私は、懲らしめたうえで、釈放します。」

[本節欠如]

しかし彼らは、声をそろえて叫んだ。
「この人を除け。バラバを釈放しろ。」
バラバとは、都に起こった暴動と人殺しのかどで、牢にはいっていた者である。
ピラトは、イエスを釈放しようと思って、彼らに、もう一度呼びかけた。

しかし、彼らは叫び続けて、「十字架だ。十字架につけろ。」と言った。
しかしピラトは三度目に彼らにこう言った。
「あの人がどんな悪いことをしたというのか。
あの人には、死に当たる罪は、何も見つかりません。だから私は、懲らしめたうえで、釈放します。」

ところが、彼らはあくまで主張し続け、十字架につけるよう大声で要求した。
そしてついにその声が勝った。
ピラトは、彼らの要求どおりにすることを宣告した。
すなわち、暴動と人殺しのかどで牢にはいっていた男を願いどおりに釈放し、イエスを彼らに引き渡して好きなようにさせた。

彼らは、イエスを引いて行く途中、いなかから出て来たシモンというクレネ人をつかまえ、この人に十字架を負わせてイエスのうしろから運ばせた。
大ぜいの民衆やイエスのことを嘆き悲しむ女たちの群れが、イエスのあとについて行った。
しかしイエスは、女たちのほうに向いて、こう言われた。
「エルサレムの娘たち。わたしのことで泣いてはいけない。
むしろ自分自身と、自分の子どもたちのことのために泣きなさい。
なぜなら人々が、『不妊の女、子を産んだことのない胎、飲ませたことのない乳房は、幸いだ。』と言う日が来るのですから。

そのとき、人々は山に向かって、『われわれの上に倒れかかってくれ。』と言い、丘に向かって、『われわれをおおってくれ。』と言い始めます。
彼らが生木にこのようなことをするのなら、枯れ木には、いったい、何が起こるでしょう。」

ほかにもふたりの犯罪人が、イエスとともに死刑にされるために、引かれて行った。
「どくろ」と呼ばれている所に来ると、そこで彼らは、イエスと犯罪人とを十字架につけた。
犯罪人のひとりは右に、ひとりは左に。

そのとき、イエスはこう言われた。
「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」
彼らは、くじを引いて、イエスの着物を分けた。
民衆はそばに立ってながめていた。
指導者たちもあざ笑って言った。
「あれは他人を救った。もし、神のキリストで、選ばれた者なら、自分を救ってみろ。」

兵士たちもイエスをあざけり、そばに寄って来て、酸いぶどう酒を差し出し、
「ユダヤ人の王なら、自分を救え。」と言った。
「これはユダヤ人の王。」と書いた札もイエスの頭上に掲げてあった。

十字架にかけられていた犯罪人のひとりはイエスに悪口を言い、「あなたはキリストではないか。自分と私たちを救え。」と言った。
ところが、もうひとりのほうが答えて、彼をたしなめて言った。
「おまえは神をも恐れないのか。おまえも同じ刑罰を受けているではないか。
われわれは、自分のしたことの報いを受けているのだからあたりまえだ。
だがこの方は、悪いことは何もしなかったのだ。」

そして言った。
「イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください。」
イエスは、彼に言われた。
「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」

そのときすでに十二時ごろになっていたが、全地が暗くなって、三時まで続いた。
太陽は光を失っていた。
また、神殿の幕は真二つに裂けた。
イエスは大声で叫んで、言われた。
「父よ。わが霊を御手にゆだねます。」こう言って、息を引き取られた。

この出来事を見た百人隊長は、神をほめたたえ、「ほんとうに、この人は正しい方であった。」と言った。
また、この光景を見に集まっていた群衆もみな、こういういろいろの出来事を見たので、胸をたたいて悲しみながら帰った。
しかし、イエスの知人たちと、ガリラヤからイエスについて来ていた女たちとはみな、遠く離れて立ち、これらのことを見ていた。

さてここに、ヨセフという、議員のひとりで、りっぱな、正しい人がいた。
この人は議員たちの計画や行動には同意しなかった。
彼は、アリマタヤというユダヤ人の町の人で、神の国を待ち望んでいた。

この人が、ピラトのところに行って、イエスのからだの下げ渡しを願った。
それから、イエスを取り降ろして、亜麻布で包み、そして、まだだれをも葬ったことのない、岩に掘られた墓にイエスを納めた。
この日は準備の日で、もう安息日が始まろうとしていた。

ガリラヤからイエスといっしょに出て来た女たちは、ヨセフについて行って、墓と、イエスのからだの納められる様子を見届けた。
そして、戻って来て、香料と香油を用意した。
安息日には、戒めに従って、休んだが、

▲ページのトップへ