home>カレンダリオ>聖人カレンダー>聖人カレンダー365日

聖人カレンダー

11月19日 聖アルベルト司教教会博士

1193年ごろ-1280年

 アルベルトは、南ドイツの、シュワーベンの貴族の家に生まれ、信仰深く育てられた。北イタリアのパドバ大学で、医学、自然科学などを学んだ。新しくできたばかりのドミニコ会を知り、その精神に共鳴して、1223年にドミニコ会に入った。司祭となった。アルベルトは修道院で哲学、神学などを教え、その間に当時の学問をすべて習得して「全科博士」と呼ばれた。

 1245年からは、パリ大学で哲学・神学を講義し、その深い知識は多くの学生を惹きつけた。学生の中に中世最大の神学者聖トマス・アクィナスもいた。その後、ドミニコ会の研究機関設立のため、トマスとともにケルンに赴き、研究生活を送った。ドイツの管区長、レーゲンブルクの司教を経てボヘミアの十字軍説教者となった。

 アルベルトは、アリストテレスの思想をドミニコ会に導入し、西方教会全体に浸透させようと努力し、多くの著作を残した。彼は、信仰と理性との間に明らかな区別をした最初の神学者であり、単なる理性だけでは、だれもイエスの託身・復活は理解しえないと主張した。

 科学者の保護の聖人といわれている。


▲ページのトップへ