home>カレンダリオ>教会カレンダー

教会カレンダー

2020年7月



itou e_terumi

6月から「年間」の週に入っていたとはいえ、大きな主の祭日が続いていたので、日曜日が年間となるのは、6月21日からでした。7月からは11月末までは、長い年間の季節を送ることになります。
このときこそ教会は、年間というサイクルの中で、救いの歴史とキリストの神秘を記念していきます。
7月は福者ペトロ岐部司祭と187殉教者から始まります。ペトロ岐部は「世界を歩いた神父」として知られています。彼を動かしていたのは、迫害に苦しむ日本の教会のために自分を与え尽くすことを熱望しました。 殉教者に力を与えた彼らの供えものによってわたしたちにも逆境にうちかつ力が与えられますように。

この年間の時期、平凡ともいえる日常生活の中で、さまざまな方法で語られる“神の言葉”に気づき、その神の言葉に生かされた日々としていくことが大切です。そのためにも、毎日 教会が典礼の中で提供する神の言葉に、触れるのは助けになるでしょう。

「教会カレンダー」には、毎日の聖書が掲載されていますので、それに合わせて読みながら、毎日1つの言葉でも、1節でも自分に響く言葉をつづっていくと、34週まで続く年間を有意義なものにすることができるでしょう。また、つづったものを後で読み返すと、自分がどのように導かれてきたかにも気づく助けとなるでしょう。

わたしたちは、教会とともに、救いの歴史とキリストの神秘を記念し、祈り、生きられるようになっている救いの歴史のサイクルをよく活用していきましょう

6月     今月    8月

( )は教会が任意に記念する聖人 [印刷用PDF]

典礼 備考第一、第二朗読福音朗読
1福者ペトロ岐部司祭と187殉教者(記)
アモス5・14-15、21-24
マタイ8・28-34
2
アモス7・10-17
マタイ9・1-8
3聖トマ使徒(祝)
エフェソ2・19-22
ヨハネ20・24-29
4(聖エリザベト -ポルトガル)、(聖母の土曜日)
アモス9・11-15
マタイ9・14-17
5年間第14主日
ゼカリヤ9・9-10
ローマ8・9、11-13
マタイ11・25-30
6(聖マリア・ゴレッティおとめ殉教者)
ホセア2・16、17b-18、21-22
マタイ9・18-26
7
ホセア8・4-7、11-13
マタイ9・32-38
8
ホセア10・1-3、7-8、12
マタイ10・1-7
9(聖アウグスチノ・チャオ・ロン司祭と同志殉教者)
ホセア11・1-4、8c-9
マタイ10・7-15
10
ホセア14・2-10
マタイ10・16-23
11聖ベネディクト修道院長(記)
イザヤ6・1-8
マタイ10・24-33
12年間第15主日
イザヤ55・10-11
ローマ8・18-23
マタイ13・1-23
13(聖ハインリッヒ)
イザヤ1・10-17
マタイ10・34~11・1
14(聖カミロ -レリス- 司祭)
イザヤ7・1-9
マタイ11・20-24
15聖ボナベントゥラ司教教会博士(記)
イザヤ10・5-7、13-16
マタイ11・25-27
16(カルメル山の聖母)
イザヤ26・7-9、12、16-19
マタイ11・28-30
17
イザヤ38・1-6、21-22、7-8
マタイ12・1-8
18(聖母の土曜日)
ミカ2・1-5
マタイ12・14-21
19年間第16主日
知恵12・13、16-19
ローマ8・26-27
マタイ13・24-43
20(聖アポリナーリス司教殉教者)
ミカ6・1-4、6-8
マタイ12・38-42
21(聖ラウレンチオ -ブリンディジ- 司祭教会博士)
ミカ7・14-15、18-20
マタイ12・46-50
22聖マリア - マグダラ(祝)
雅歌3・1-4a、または、二コリント5・14-17
ヨハネ20・1-2、11-18
23(聖ビルジッタ修道女)
エレミヤ2・1-3、7-8、12-13
マタイ13・10-17
24(聖シャーベル・マクルーフ司祭 )
エレミヤ3・14-17
マタイ13・18-23
25聖ヤコブ使徒(祝)
二コリント4・7-15
マタイ20・20-28
26年間第17主日
列王記上3・5、7-12
ローマ8・28-30
マタイ13・44-52
27
エレミヤ13・1-11
マタイ13・31-35
28
エレミヤ14・17b-22
マタイ13・36-43
29聖マルタ(記)
一ヨハネ4・7-16
ヨハネ11・19-27、または、ルカ10・38-42
30(聖ペトロ・クリソロゴ司教教会博士)
エレミヤ18・1-6
マタイ13・47-53
31 聖イグナチオ(ロヨラ)司祭 (記)
エレミヤ26・1-9
マタイ13・54-58

☆(祭):祭日、(祝):祝日、(記):記念日

▲ページのトップへ