homeキリスト教マメ知識>日本カトリック平和旬間

キリスト教マメ知識

バックナンバー

貧しい人のための世界祈願日

2015年12月8日から2016年11月20日の間に、わたしたち教会は「いつくしみの特別聖年」を祝いました。この閉年にあたって、教皇フランシスコは使徒的書簡『あわれみあるかたと、あわれな女』を公布されましたが、この中で、教皇は「貧しい人のための世界祈願日」を年間第33主日に行うように定められました。

 イエスが常に、貧しい人、弱い人の立場に立ち、マタイ福音書25章31節から45節のたとえ話にあるように、「わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである」とおっしゃっています。

 このキリストに倣い、わたしたち一人ひとりは、貧しい人びと、社会の中で弱者とされている人びとに寄り添い、奉仕するように求められているのです。

 年間を通して、実行していかなければならないことですが、特に、年間33主日は、「いつくしみ」そのものであられるイエスを思い、祈り活動する日といたしましょう。

貧しい人のための世界祈願日メッセージ
2019年 第3回 「貧しい人の希望は決して失われない」
2018年 第2回 「この貧しい人が呼び求める声を主は聞いてくださった」
2017年 第1回 「口先だけではなく、行いをもって愛し合おう」

▲ページのトップへ