Welcome to Daughters of St.Paul

6月は「聖パウロの月」です。6月の典礼としては、「キリストの聖体」、「イエスのみ心」、「洗礼者聖ヨハネの誕生」、「聖ペトロ 聖パウロ使徒」の祭日があり豊かな典礼です。中でも聖パウロ女子修道会、パウロ家族にとって大切なのは、6月15日の聖パウロ女子修道会の創立記念日と、6月30日の「聖パウロの祝日」です。多くのシスターが、6月30日に誓願を宣立しています。気候は暑くなっていきます。聖パウロのように心もあつくして、イエスに従っていきましょう。(2024.06.01)
■■◆◆ どうしてシスターに? ◆◆■■
6月 シスター山中千代子
「のとせんブログー」
平和を求めて、ウクライナとロシアのために祈りましょう。
教皇フランシスコのウクライナとロシアのための祈り(カト中央協サイト)
女子パウロ会の電子書籍は、お使いの電子書籍のお店からお買い求めください。
女子パウロ会 電子書籍のページ


キリシタンゆかりの地をたずねて2024/06/17
 大籠キリシタン殉教公園
カトリック教会のカテキズム(教え)を読もう2022/02/21
 第202回 わたしのほかに
     神があってはならない –(5)
女子パウロ会ニュース2024/05/19
 誓願50周年を祝う、6人のシスターたち

今日は何の日?

6月20日(木)

今日の出来事
ヴァリニャーノ神父、長崎に遣欧使節を連れ帰り、印刷機を伝える(1590年)/長崎でイエズス会管区長F・パチェコ、B・トルレス神父ら殉教(1626年)/キリシタン文化研究所『キリシタン研究第1輯』刊(1942年)/教皇庁 正義と平和評議会『教会の社会教説綱要』発表(2004年)
初の日本製映画上映(1899年)/世界難民の日
今日のことば

貧しさとは、わたしたちキリスト者にとって、社会的、哲学的または文化的なカテゴリーではありません。いいえ。それは神学的なカテゴリーです。おそらく、第一のカテゴリーといえるでしょう。あの神、あの神の子は、自らを低くし、わたしたちとともに歩くために貧しくなったからです。/『教皇フランシスコのことば365』 2013年 5月 18日 談話

今日の聖人
聖シルヴェリオ教皇殉教者

教会カレンダー

今日の聖書朗読
第一朗読:シラ48・1-14
福音朗読:マタイ6・7-15
女子パウロ会
マルコで祈る

2024/06/12

マルコで祈る

‘Laudate’とは、ラテン語で
「ほめたたえよ」という意味です。
いつも私たちとともにいて、
すべてのことの中で働いてくださる
神をたたえます。
日々新しい いのちに生きるよう、
招いてくださる神に感謝します。
大自然も、すべての生き物も、
神の創造の業です。
神様のなさることはすばらしい!

この‘Laudate’も、ごいっしょに
神をほめたたえる場となれますように。

▲ページのトップへ