Welcome to Daughters of St.Paul

12月4日、「待降節第2主日」を迎えました。12月の第1日曜日は、「宣教地召命促進の日」です。日本も宣教地となっており、海外からの祈りの助け、援助を受けていますが、わたしたちも日本のため、また他の国のために、多くの司祭、修道者の召命が育ち、その国の教会が発展しますようにと祈りましょう。(2022.12,03)
平和を求めて、ウクライナとロシアのために祈りましょう。
教皇フランシスコのウクライナとロシアのための祈り(カト中央協サイト)
「どうしてシスターに?」12月 Sr.木澤のお話(長崎大司教区家庭委員会サイト
・・・・電子書籍のお知らせ・・・・
女子パウロ会の電子書籍は、お使いの電子書籍のお店からお買い求めください。
女子パウロ会 電子書籍のページ


キリシタンゆかりの地をたずねて2022/09/25
 獄門所跡
カトリック教会のカテキズム(教え)を読もう2022/02/21
 第202回 わたしのほかに
     神があってはならない –(5)
女子パウロ会ニュース2022/12/06
 「伊藤輝巳原画展」in Sendai が始まりました!

今日は何の日?

12月9日(金)

今日の出来事
マグダレナ南、シモン竹田五兵衛他3名八代で殉教(1603年)/日本宣教の責任者として尽力したパリ外国宣教会のジラール神父帰天(1867年)/サレジオ修道会、イタリアで創立(1859年)/聖ドミニコ女子修道会、イタリアで再創立 - 5つの修道会が統合された(1959年)
障害者の日
今日のことば

偉大な神秘家たちは語ってくれる。悟りの段階に達したとき、説明しがたい深い畏敬の念に満たされる、と。神への畏敬、あらゆる生命への畏敬、そして生命なき被造物にまで広がる畏敬の念。/……アッシジの聖フランシスコもその一人である。彼の目には太陽も月も星も、木も ...続きを読む 鳥も獣も、自分の兄弟姉妹と映った。それらはみな彼の家族の一員であり、彼はいつもいとおしげにそれらすべてに話しかけるのであった。/パドヴァの聖アントニオは魚にも説教するほどだった。/もちろん、現代の理知的な観点から見れば愚かなことである。しかし、神秘的な観点から見れば……深い知恵に満ちた、神聖なことである。(アントニー・デ・メロ)

今日の聖人
聖ペトロ・フリエ司祭
聖ホアン・ディエゴ・クアウトラトアツィン

教会カレンダー

今日の聖書朗読
第一朗読:イザ48・17-19
福音朗読:マタイ11・16-19
女子パウロ会
マルコで祈る

2022/11/30

マルコで祈る

‘Laudate’とは、ラテン語で
「ほめたたえよ」という意味です。
いつも私たちとともにいて、
すべてのことの中で働いてくださる
神をたたえます。
日々新しい いのちに生きるよう、
招いてくださる神に感謝します。
大自然も、すべての生き物も、
神の創造の業です。
神様のなさることはすばらしい!

この‘Laudate’も、ごいっしょに
神をほめたたえる場となれますように。

▲ページのトップへ