v

Welcome to Daughters of St.Paul

戦後、アメリカの統治下にあった沖縄は、1972年5月15日、日本に返還されました。復帰のための動きをNHKが放送していましたが、米国ドルから円への通貨交換の大変な作業を見ても、その背後に政府が沖縄を軽視する姿勢を感じました。日本の負を背負い続けている沖縄。まぶしい太陽と透き通る青い海。悲しい歴史を忘れることなく、「沖縄復帰50周年記念式典」を機に、またはNHK朝ドラ「ちむどんどん」を見て(^_^;、沖縄のことをもっと知り、沖縄のために祈りたいと思います。(2022.05.14)
引き続き平和を求めて、ウクライナとロシアのために祈りましょう。
教皇フランシスコのウクライナとロシアのための祈り(カト中央協サイト)
・・・・電子書籍のお知らせ ・・・・
女子パウロ会の電子書籍は、お使いの電子書籍のお店からお買い求めください。
女子パウロ会 電子書籍のページ


キリシタンゆかりの地をたずねて2021/07/27
 支倉メモリアルパーク
カトリック教会のカテキズム(教え)を読もう2022/02/21
 第202回 わたしのほかに
     神があってはならない –(5)
女子パウロ会ニュース2022/04/19
  福岡での宣教、ありがとうございました!
    セントポールFUKUOKA、閉じる!

今日は何の日?

5月22日(日)

今日の出来事
復活節第6主日/世界広報の日/「ラウダート・シ週間」(29まで)
オルガンティーノ、信長から安土に用地を与えられる(1580年)/205福者である、ジョアン・バウチスタ・マシャド神父、ペトロ・デ・アスンシオン神父大村で斬首(1617年)/有馬のマチアス、大村で殉教(1620年)/日本使徒座代理区が、日本北緯使徒座代理区と日本南緯使徒座代理区に分割される(1876年)/中村長八神父ブラジルへ(1923年)/教皇ヨハネ・パウロ2世使徒的書簡『マリアの年にあたり、修道会、在俗会において奉献されたすべての人々に』発表(1988年)/教皇ヨハネ・パウロ2世使徒的書簡「男性のみの司
国際生物多様性の日
今日のことば

追い求めるべきことは、毎瞬毎瞬を裏打ちする崇敬の念、生活の中に絶え間なく流れ、その背景となる生きた祈りである。(トーマス・ケリー)

今日の聖人
聖リタ(カシァ)修道女

教会カレンダー

今日の聖書朗読
第一朗読:使徒言行録15・1-2、22-29
第二朗読:黙示録21・10-14、22-23
福音朗読:ヨハネ14・23-29
女子パウロ会
マルコで祈る

2022/05/20

マルコで祈る

‘Laudate’とは、ラテン語で
「ほめたたえよ」という意味です。
いつも私たちとともにいて、
すべてのことの中で働いてくださる
神をたたえます。
日々新しい いのちに生きるよう、
招いてくださる神に感謝します。
大自然も、すべての生き物も、
神の創造の業です。
神様のなさることはすばらしい!

この‘Laudate’も、ごいっしょに
神をほめたたえる場となれますように。

▲ページのトップへ