home > シスターのお薦め > 新刊のご案内

新刊のご案内

バックナンバー

キリスト者必携  生涯学習のための 教会論

『キリスト者必携  生涯学習のための 教会論』表紙

  • 著者:百瀬 文晃
  • 定価:本体1,350円+税
  • 四六判 並製  212ページ
  • ISBN978-4-7896-0830-5 Cコード:C0016



『キリスト教の輪郭』の著者として、多くのキリスト者から高く評価されている著者が、もっと詳しいキリスト論をという希望に応えた前著『生涯学習のための キリスト論』に引き続き、『キリスト教の輪郭』の中の「教会論」を要望に応えて著したものが本書です。

 キリストは、そのご生涯を通して教えられたこと、行われたことの全てを12使徒に託し、12使徒を通して現在の教会に伝えられました。

 キリストの教会が、どのように誕生し、歴史の中で発展していったのか。
 今、教会に行きたい、信者になりたい人はどうすればいいのでしょうか。イエス・キリストの友となりたい人は、まず「洗礼」を受け、教会生活を始めます。
 教会生活の中心になっているものは、ミサ・感謝の祭儀です。

 このように、キリストが制定された7つの秘跡が順に、丁寧に語られています。
 ただ、その秘跡の説明がなされているだけでなく、歴史的要素も含め、どのように発展してきたかについても述べられていますので、その点について疑問を抱えている人には、その疑問に答えることにもなるでしょう。

 12章に分かれていますが、第9章は、教会の4つの特性、第10章は、教会外に救いはないのか、第11章には、世の終わりと教会、第12章は聖母マリアと聖徒の交わりとなっています。
 どの章の終わりには「暮らしの中で」という、著者の体験からのヒントになるお話があるのも、生涯学習で学ぶために役立つものです。

 「キリスト者必携」と著者がタイトルに付けた気持ちが、伝わってくる本です。きっと、信徒の皆様にお役に立つことでしょう。いかがですか、「我が家に1冊」をお勧めいたします。

この本のお求めは、こちらまで→
   オンラインショッピン 『キリスト者必携  生涯学習のための 教会論』

▲ページのトップへ