homeキリシタンゆかりの地をたずねてゆかりの地一覧 > 仙台キリシタン殉教碑

キリシタンゆかりの地をたずねて

宮城県 仙台市

ゆかりの地

物語

仙台キリシタン殉教碑

1624年(元和9年)、仙台藩でキリシタン迫害が起こり、イエズス会のポルトガル人宣教師ディエゴ・カルワリオ神父と信者が捕えられ、広瀬川で殉教しました。

 1971(昭和46)年に、広瀬川の畔にある西公園の東端大橋の近くに、仙台教区の司祭深沢守三神父制作によるブロンズ像「キリシタン殉教記念碑」が建立されました。
 中央はカルワリオ神父、向かって左は武士の殉教者、右は農民の殉教者です。

 天を仰ぐカルワリオ神父と、深い祈りをささげる2人の殉教者は、彼らの深い信仰を私たちに今も伝えてくれます。

 毎年2月には、この殉教碑前で「仙台キリシタン殉教祭」が行われます。

キリシタン殉教記念碑 東端大橋
キリシタン殉教記念碑 東端大橋キリシタン殉教記念碑


  • 住所:仙台市青葉区桜ヶ岡公園
  • アクセス:JR仙台駅から仙台市営バス青葉台行きなどで10分、「大町西公園前」下車

●関連記事:


▲ページのトップへ