home>教会>教会をたずねて>フランシスカン・チャペルセンター 六本木外国人共同体

教会をたずねて

フランシスカン・チャペルセンター 六本木教会(東京教区)

教会一覧

フランシスカン・チャペルセンター 六本木外国人共同体


  • 教会堂名:聖フランシスコ
  • 主日のミサ:7:00(日本語)、8:00(英語)、10:00(英語)、12:00(英語)、18:00(英語)
  • 〒106-0032 東京都港区六本木4-2-37
  • TEL:03-3401-2141 FAX:03-3401-2142
祭壇
祭壇
聖櫃(せいひつ)
聖櫃(せいひつ)
十字架
十字架
朗読台
朗読台
聖堂のマリア像
聖堂のマリア像
イエスの掛け軸
イエスの掛け軸
十字架の道行
十字架の道行
聖堂内の壁画
聖堂内の壁画
聖堂正面
聖堂正面
聖堂右手入り口
聖堂右手入り口
聖堂左手入り口
聖堂左手入り口
オルガン
オルガン
聖水入れ
聖水入れ
告解室
告解室
小聖堂
小聖堂
洗礼盤
洗礼盤
庭のヨゼフ像
庭のヨゼフ像

歴史と聖堂内部

 第2次大戦後、六本木の元防衛庁の敷地内にGHQの建物があった。そこで働くアメリカ人兵士たちのために、フランシスコ会のニューヨーク管区から司祭たちが来日し、教会を開いたのがそのはじまりである。
 そして、それ以来、外国の方が多い六本木にあって、フランシスカン・チャペルセンターは、日本に住む外国の人たちのための宣教・司牧にあたっている。

 現在チャペルセンターがある場所は、フランシスコ会が来日した当時は、大使を経験したことのある川村氏邸があった。近くを歩いて、ここを見つけたドイツ人の司祭が、川村邸の場所にぜひ聖堂を建てたいと思い、ヨゼフのメダイをたくさん埋めたそうである。そして、日本にいるフランシスコ会の会員たちに祈りを依頼し、その祈りが聞き入れられ、この地に聖堂を建てることができた。
 庭にある聖ヨゼフの像は、このドイツ人司祭がイタリアに派遣されたとき、あの地は、聖ヨゼフのおかげで手に入ったのだと贈ったものだそうである。

 川村氏のご子息は、教区司祭となられる。

  → 旧川村邸にある小聖堂

 戦後は多くの宣教師や修道者が来日した。このフランシスカン・チャペルセンターには、日本語学校もあった。午前中は、司祭たちのため、午後は修道女たちのために分かれて授業があり、教室はいっぱいであった。しかし、生徒の減少で、閉鎖された。

 現在の聖堂は、1967年に建築された。


▲ページのトップへ