home>教会>教会をたずねて>カトリック祇園教会

教会をたずねて

カトリック祇園教会(広島教区)

教会一覧

カトリック祇園教会

  • 教会堂名:聖霊
  • 主日のミサ:7:00(第2,4は8:30)、10:00
            第2日曜 14:00(英)
  • 〒731-0138 広島市安佐南区祇園3-6-1
  • TEL:082-874-5198 FAX:082-875-4505
内陣
内陣
祭壇
祭壇
正面十字架
正面十字架
聖櫃(せいひつ)
聖櫃(せいひつ)
朗読台
朗読台
十字架の道行き
十字架の道行き
聖堂内 マリア像
聖堂内 マリア像
聖堂内 ヨセフ像
聖堂内 ヨセフ像
聖水入れ
聖水入れ
パイプオルガン
パイプオルガン
告解場
告解場
聖堂後方
聖堂後方
子ども部屋
子ども部屋
小聖堂
小聖堂
50周年の記念プレート
50周年の記念プレート
庭のマリア像
庭のマリア像
清心幼稚園
清心幼稚園

歴史と聖堂内部

 1938(昭和13)年長束にイエズス会の修練院が建てられました。その年、古市橋に朝鮮のカトリック信徒の金氏が、朝鮮の人たち100人くらいが入ることのできるバラックを建て、その一部が集会所となり、長束の修練院からシーファー神父が出張するようになりました。その小屋の入り口には、「カトリック教会」と書かれた看板が掲げられていました。

 翌年から、長束の修道院では近隣の信徒のために、日曜のミサが行われるようになり、朝鮮から来た伝道師によって、可部地区への宣教も開始されました。

 1940(昭和15)年には、幟町教会から独立して、主任司祭にシーファー神父が任命されました。この集会所は、1945(昭和20)年終戦直後に閉鎖となりました。

 1945(昭和20)8月6日原爆の日、多くのイエズス会士たちも長束で被災しました。しかし、すぐに市街に出て、救護活動を行い、多くの被災者をリヤカーで長束の修練院に連れ帰りました。聖堂は臨時の救護所となり、かつて医学を学んだアルペ神父の陣頭指揮の下で、救護活動を行いました。

 1945(昭和20)年11月、シーファー神父によって祇園教会の設立の準備がはじまりました。

 1946(昭和21)年には、三菱重工広島製作所塀外の2階建て倉庫の一部を使って、ラウレス神父が司牧活動を開始しました。
 翌年3月、この建物に福音の光修道会が入り、4月からは、原爆で親を失った幼い孤児を育てる活動をはじめ、10月にカトリックの戦災孤児院施設「光の園」となりました。1948(昭和23)年4月、「光の園」は児童福祉法によって認可され、基町1丁目に移転しました。

 「光の園」が使用していた建物2階部分が改築されて小聖堂が造られ、長束から司祭が来てミサがささげられるようになりました。その後、司祭館が新設され、1949(昭和24)年6月30日長束修練院から小教区として完全に独立しました。

 この年の春、福音の光修道会のシスターたちによって、清心幼稚園が開設さ、1951(昭和26)年には、祇園町初の公認幼稚園となりました。

 1951(昭和26)年には、木造の鐘楼が完成し、聖堂の改築も進められました。

 祇園町が広島市のベッドタウン化して人口が急増し、働くお母さんたちが増えていきました。そのため、保育所の要望が強くなり、1960(昭和30)年、清心保育園が開設されました。保育園は、1996(平成8)年に閉鎖されるまで、多くの幼児を育て、見守っていくことになりました。

 1962(昭和37)年、ラウレンス神父の母国ドイツの莫大な浄財を基に、聖堂と鐘楼の建築がはじめられました。待望の新聖堂は、翌年に完成し、ラウレンス神父の誕生日である4月29日に、献堂祝別式が盛大の行われました。

 さらに1964(昭和29)年には、信徒会館の建設準備が開始され、1階を幼稚園の教室、2階を信徒会館とする建物が11月に完成しました。

 1971(昭和46)年、墓地が完成し、翌年には、祝別式が行われました。

 1973(昭和48)年、清心幼稚園の園舎が新築されました。1984(昭和59)年には、墓地の拡張建設が行われました。

 1984(昭和59)年、徳川幕府の迫害下殉教したキリシタンたちの殉教碑が、西区己斐東に建立されました。

 1988(昭和63)年、聖堂献堂25周年の記念式典が行われ、献堂25周年のメモリアルプレートが聖堂に掲げられました。
 1999(平成11)年6月、創立50周年を迎え、記念ミサが盛大に行われました。


▲ページのトップへ