home>教会>教会をたずねて>カトリックザビエル教会

教会をたずねて

カトリックザビエル教会(鹿児島教区)

教会一覧

カトリックザビエル教会

  • 教会堂名:聖フランシスコ・ザビエル
  • 主日のミサ:7:00、9:00、15:00(英)、19:00
  • 〒892-0841 鹿児島市照国町13-42
  • TEL:099-222-3408 FAX:099-224-61569
内陣
内陣
祭壇
祭壇
祭壇正面 十字架
祭壇正面 十字架
聖櫃(せいひつ)
聖櫃(せいひつ)
朗読台
朗読台
洗礼盤
洗礼盤
ザビエルの聖遺骨
ザビエルの聖遺骨
プレゼピオ
プレゼピオ
聖母子像
聖母子像
十字架の道行
十字架の道行
聖水入れ
聖水入れ
聖堂後方
聖堂後方
パイプオルガン
パイプオルガン
告解室
告解室
階段にある壁画「ザビエルと忍室」
階段にある壁画「ザビエルと忍室」
鐘楼
鐘楼
庭のザビエル像
庭のザビエル像
ザビエル書院
ザビエル書院
小聖堂
小聖堂
小聖堂 十字架
小聖堂 十字架
小聖堂 天井
小聖堂 天井

歴史と聖堂内部

鹿児島は、ザビエルによって日本に最初にキリスト教が伝えられた地です。しかし、きびしいキリスト教の迫害を受け、宣教が再開されたのは1841(明治24)年のことでした。

ザビエル教会の最初の聖堂は、1908年に建てらた日本初の本格的な石造りの聖堂でした。この聖堂は、1945(昭和20)年4月8日に、空襲のために焼失しました。

1949年、ザビエル日本渡来400年を記念して、木造の聖堂が建てられ、献堂式には「ザビエルの聖腕」と100人を超える欧米からの巡礼団が訪れ参列しました。

ザビエル日本渡来450年を記念して、1999年に現在の聖堂が建てられました。
 コンクリート造りのこの聖堂は、ザビエルが日本に来たときに乗っていた帆船をイメージして建てられています。ステンドグラスから差し込む朝日で、朝には祭壇が真っ赤に染まります。この赤は殉教者の血の色、ザビエルの情熱を表します。また夕方には、聖堂全体が青く染まり輝きます、この青は、祈り、静寂、ザビエルが渡ってきた海の色を表しています。

ザビエル教会は、ザビエル滞鹿記念碑のあるザビエル記念公園の前にあり、聖堂にはザビエルの聖遺骨が納められ、聖堂の前には、高さ31メートルの鐘楼に吊るされた「ザビエルの鐘」が、毎日正午と午後6時に鳴り響き、ザビエルの思いを今に伝えているかのように思われます

(ザビエル教会 Webサイト 参照)


▲ページのトップへ