home>教会>教会をたずねて>カトリック桜町教会

教会をたずねて

カトリック桜町教会(高松教区 カテドラル)

教会一覧

カトリック桜町路教会

  • 教会堂名:被昇天の聖母
  • 主日のミサ:7:00、10:00
            第1,3日曜 14:00(英)
            土曜 18:00
  • 〒760-0074 香川県高松市桜町1-8-9
  • TEL:087-831-7455 FAX:087-833-1484
聖堂前方
聖堂前方
祭壇
祭壇
聖堂正面十字架
聖堂正面十字架
聖櫃(せいひつ)
聖櫃(せいひつ)
朗読台
朗読台
聖堂内 マリア像
聖堂内 マリア像
聖堂内 ヨセフ像
聖堂内 ヨセフ像
洗礼盤
洗礼盤
司教座
司教座
十字架の道行き
十字架の道行き
ステンドグラス
ステンドグラス
聖水入れ
聖水入れ
告白室
告白室
溝部司教の紋章
溝部司教の紋章
聖堂後方
聖堂後方
アントニオ石原孫右衛門父子の像
アントニオ石原孫右衛門父子の像
めぐみあふれるマリア
めぐみあふれるマリア
小聖堂(納骨堂)
小聖堂(納骨堂)
歴史と聖堂内部

1952(昭和27)年9月23日、現在の四国カトリック会館の場所に、小聖堂兼四国教区長館が建設されました。これが、桜町教会のはじまりです。
 翌年4月には、桜町聖母幼稚園を開園しました。

1955(昭和30)年12月、五番町教会(現番町教会)から独立し、桜町小教区が誕生しました。
 初代主任司祭となった田中英吉師は、聖堂の建設に着手し、1957(昭和32)年3月17日に聖堂の献堂式が行われました。

1963(昭和38)年9月、桜町教会聖堂が司教座聖堂に指定され、高松教区が誕生しました。10月には主任司祭であった田中英吉師が教皇パウロ6世から司教に祝聖され、12月に初代高松司教として着座しました。

1966(昭和41)年、太田地区に聖母被昇天修道院の高松修道院が開院され、翌年4月にはマリア幼稚園が開園されました。

1981(昭和56)年、聖堂にパイプオルガンが導入されました。
 1988(昭和63)年9月には、四国カトリック会館が落成しました。

2005(平成17)年7月には、創設50周年式典が盛大に行われました。
 2007年8月15日、聖堂前に讃岐の殉教者アントニオ石原孫右衛門父子像が設置され、除幕・祝別式が行われました。


▲ページのトップへ