home>教会>教会をたずねて>カトリック大明寺教会

教会をたずねて

カトリック大明寺教会(長崎教区)

教会一覧

カトリック大明寺教会

  • 教会堂名:聖パウロ
            馬込教会の巡回教会
  • 主日のミサ:6:30
  • 〒851-1202 長崎市伊王島町1-1060
聖堂前方
聖堂前方
祭壇
祭壇
聖堂正面十字架
聖堂正面十字架
十字架と聖櫃(せいひつ)
十字架と
聖櫃(せいひつ)
聖堂内 聖母像
聖堂内 聖母像
聖堂内 聖ヨセフ像
聖堂内 聖ヨセフ像
朗読台
朗読台
十字架の道行き
十字架の道行き
十字架の道行き
十字架の道行き
聖水入れ
聖水入れ
告白場
告白場
ステンドグラスの光
ステンドグラスの光
聖堂後方
聖堂後方
前庭の聖パウロ像
前庭の聖パウロ像
大明寺教会堂の解説
大明寺教会堂の解説
坂の上から見た教会堂
坂の上から見た教会堂
歴史と聖堂内部

1880(明治13)年、フランス人宣教師ブレル神父の指導のもと、地元伊王島に住んでいた大渡伊勢吉によって建てられた、伊王島で初めて建てられた教会が大明寺教会です。

聖堂が老朽化したため、現在の聖堂が1973(昭和48)年に建てられました。
 初代聖堂は、1975(昭和50)年に解体され、愛知県の明治村に移築され、「大明寺聖パウロ教会堂」として一般公開されています。

現在は、馬込教会の巡回教会となっています。

近くには、1870(明治3年)から、米・英・仏・蘭と結んだ江戸条約によって全国8か所に設置された洋式灯台の一つ伊王島灯台と、灯台記念館があります。

※ 教会全体の外観写真は、馬込、大明寺教会の主任司祭中田輝次神父提供。


▲ページのトップへ