home>教会>教会をたずねて>カトリック旭川5条教会

教会をたずねて

カトリック旭川5条教会(札幌教区)

教会一覧

カトリック旭川5条教会

  • 教会堂名:被昇天の聖母
  • 主日のミサ:9:30
           土曜 18:30
  • 〒070-0035 旭川市五条11丁目1388
  • TEL:0166-23-1791 FAX:0166-23-1797
聖堂前方
聖堂前方
祭壇
祭壇
祭壇後の十字架
祭壇後の十字架
聖櫃(せいひつ)
聖櫃(せいひつ)
朗読台
朗読台
聖堂内 聖マリア像
聖堂内 聖マリア像
聖堂内 聖ヨセフ像
聖堂内 聖ヨセフ像
ステンドグラス 聖家族
ステンドグラス 聖家族
ステンドグラス 聖母の被昇天
ステンドグラス
聖母の被昇天
十字架の道行き
十字架の道行き
十字架の道行き
十字架の道行き
聖水入れ
聖水入れ
オルガン
オルガン
告白場
告白場
乳幼児室
乳幼児室
聖堂後方
聖堂後方
2階 ファティマの聖母像
2階 ファティマの聖母像
階段 聖ヨセフ像
階段 聖ヨセフ像
歴史と聖堂内部

1904(明治37)年、現在の旭川5条教会の前身である旭川教会が開設されました。5条通11丁目の土地を購入して、宮下通11丁目に家を借りて仮聖堂とともに建設が準備されました。

 1907(明治40)年に、北海道渡島以北の宣教はフランシスコ会に委託され、宣教が開始され、1911(明治44)年、北海道の宣教はフランシスコ会フルダ管区に委託されました。

 1909(明治42)年、信徒の増加により旭川教会は小聖堂を建築しました。
 1947(昭和22)年の札幌教区の司牧地区割によって、札幌北11条教会と旭川地区がフランシスコ会フルダ管区の担当となりました。

 1950(昭和25)には、旭川5条教会付属の旭幼稚園が開園されました。

 1952(昭和27)年、札幌司教区となり初代司教に富沢孝彦師が就任し、1954(昭和29)年旭川5条教会は開設50周年を迎え、8月には記念式と祝賀会が盛大に行われました。

 1967(昭和42)年、司祭館が新築され、翌年にはカトリックセンター黙想の家が完成しました。

 1977(昭和52)年に、フランシスコ会日本管区が設立されました。

 1979(昭和54)年、75周年記念ミサと記念誌が発行されました。
 1999(平成11)年、司祭の移動により、末広教会(2005年6月 閉堂)は司祭不在となり、旭川市内にある教会の司祭が交代でミサを司式することとなり、市内各教会は月に1回は集会祭儀となりました。
 また、この年12月24日にキリスト降臨の大聖年がはじまり、旭川5条教会も巡礼指定教会となりました。

 2003(平成15)年3月、旭幼稚園は、第53回の卒園式の後、園児の減少によって閉園しました。

 2004(平成16)年10月、新聖堂が完成し、11月28日には新聖堂の開堂ミサが行われ、翌年4月29日に、新聖堂の献堂式と祝賀会が行われました。

 現在、旭川市内の教会では、共同司牧が行われており、神居教会から司祭が来て日曜(主日)のミサが行われ、旭川5条教会に司祭は在住されていません。


▲ページのトップへ