home>教会>教会をたずねて>カトリック小倉教会

教会をたずねて

カトリック小倉教会(福岡教区)

教会一覧

カトリック小倉教会

  • 教会堂名:被昇天の聖母
  • 主日のミサ:6:30、9:00
            第4日曜 15:00(英)
            土曜 19:00
  • 〒802-0084 福岡県北九州市小倉北区香春口1-3-1
  • TEL:093-921-0093 FAX:093-921-0139
聖堂前方
聖堂前方
祭壇
祭壇
祭壇正面 十字架
祭壇正面 十字架
聖櫃
聖櫃(せいひつ)
朗読台
朗読台
洗礼盤
洗礼盤
聖堂内 聖母子像
聖堂内 聖母子像
ステンドグラス
ステンドグラス
ステンドグラス
ステンドグラス
十字架の道行き
十字架の道行き
オルガン
オルガン
告解室
告解室
聖水入れ
聖水入れ
聖堂入り口
聖堂入り口
聖堂前のディエゴ加賀山隼人の殉教地の碑とマリア像
聖堂前のディエゴ加賀山隼人の
殉教地の碑とマリア像
教会入口にあるディエゴ加賀山隼人の殉教地の碑
教会入口にある
ディエゴ加賀山隼人の殉教地の碑

歴史と聖堂内部

1614(慶長19)年のキリシタン禁令以後、小倉においても宣教師は追放され、教会も墓地も壊され、たくさんのキリシタンが転んで、ディエゴ加賀山隼人をはじめ多くの殉教者を出しました。

1887(明治20)年、パリ・ミッション会のエミール・ラゲ神父が福岡市で再宣教をはじめました。
 ラゲ神父は、島田神父とともに北九州の小倉地区にも再宣教を開始しました。ラゲ神父は15年間福岡全般の宣教に当たりながら、小倉に移住した長崎の信徒たちとも連絡をとっていました。

1890(明治23)年に小倉に赴任した有安秀乃進神父は、家を借りて小倉に定住し、宣教を行いました。これが、小倉教会の出発点となります。

1896(明治29)年に赴任したフィリップ・フェラン神父は、小倉のはずれ香春へ通じる水田の一郭を教会の用地として購入し(現在の教会所在地)、フランスからの寄付で、司祭館伝道士館を建てました。

1900(明治33)年、日本家屋2階建ての小倉教会の最初の聖堂が建てられました。この後、1907(明治40)年に門司に聖堂が建てられ、1912(明治45)年に八幡において借家で司牧が開始、1914(大正3)年には新田原にも聖堂が建てられました。

1933(昭和8)年には、無料診療所が置かれました。
 翌年には、聖堂の老朽化により洋式の聖堂が建てられました。しかし、第2次世界大戦がはじまり、北九州にも激しい空襲が襲い、終戦の何日か前に教会の建物が壊されてしまいました。戦後、米軍の援助によりバラックの仮聖堂が建てられるまで、玉屋裏の借家を聖堂の代わりに使用することとなりました。

1948(昭和23)年に赴任したジャン・ムルグ神父は、古材で洋裁学校を建て、後に信徒会館として使用されました。
 また、小倉教会を本部として、日本のJOCを発足させました。1952(昭和27)年に本部は東京に移りました。

1950年代は、毎年求道者が増え続け、バラックの聖堂では入りきれないほどでした。
 1958(昭和33)年、5年間の資金集めの努力のあと、壊れそうになっていた聖堂を再建しました。  1991年には、司祭館と信徒会館として「小倉カトリック会館」が落成しました。

2008年11月列福されるディエゴ加賀山隼人の殉教碑が、教会敷地内に建てられています。


▲ページのトップへ